市販されているボルタレン

市販されているボルタレン

それでは、ここでドラッグストアなどで販売されている市販薬の「ボルタレンシリーズ」の紹介と効果、注意点なども説明していきます。

 

市販薬ボルタレンの効果

ボルタレンの有効成分は「ジクロフェナクナトリウム」になります。この「ジクロフェナクナトリウム」は「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」のタイプに分類されます。

 

主に、体内の「痛み・炎症・発熱」などを引き起こす物質「プロスタグランジン」が作られるのを抑制し、炎症に伴う腫れや痛みを緩和させ、熱を下げる効果があります。

 

また、ボルタレンは、解熱鎮痛薬として代表的な市販医薬品「ロキソニン」と同じ「NSAIDs」のタイプになります。

 

しかし、この「ロキソニン」と比較すると、薬の構造のタイプが異なり、効果が強い反面、副作用には注意が必要な医薬品となります。

 

医療用では、錠剤・カプセルの内服薬をはじめ、坐薬・ローション・ゲル・テープなど様々なタイプがあります。

 

ボルタレン,通販,副作用,市販,効果

 

 

ボルタレンと同じ成分を含んでいる市販薬

医療用のボルタレンと同成分の「ジクロフェナク」を含む市販薬
・ゲルタイプ
・ローションタイプ
・テープタイプ
・スプレータイプ

 

このような様々なお薬のタイプがあります。一般では、内服薬のボルタレン錠は販売・市販はされていません。

 

市販薬として具体的には以下の商品名になります。
商品名:ボルタレンAC
販売元:グラクソ・スミスクライン・CHJ

 

商品名:ボルタレンEX
販売元:グラクソ・スミスクライン・CHJ

 

商品名:アンメルツNEO
販売元:小林製薬

 

商品名:サロメチールジクロ
販売元:佐藤製薬

 

商品名:ジクリッチ
販売元:日邦薬品工業

 

商品名:ジクロテクトPRO
販売元:大正製薬

 

商品名:フェイタスZ
販売元:久光製薬

 

市販されているボルタレンには以上のようなものがあります。

 

 

・ボルタレンEXシリーズ
「ボルタレン」と同成分を含む市販薬の中では「ボルタレンEX・ACシリーズ」を例にご紹介もします。

 

・ボルタレンEXテープ・テープL
有効成分の「ジクロフェナクナトリウム」を15mg~30mg含んでおり、医療用になる「ボルタレンテープ15mg/30mg」と同じものになります。
貼付薬になりますので、有効成分が徐々に放出されるため1日1回貼ることにより、効果が持続していきます。
特に「カブれ」など気にならない方はこちらがオススメになります。

 

・ボルタレンACローション・ゲル
有効成分の「ジクロフェナクナトリウム」を1%(1g中10mg)含んでおり、医療用になる「ボルタレンローション1%・ボルタレンゲル%」と同じものになります。
清涼感が必要ではなく、医療用と同様に塗布したい方は、このACがオススメになります。

 

ローション:液体のタイプになりますので、体毛などが多い箇所などにもサラっと塗布できます。

 

ゲル:ゲル状になり、ベタつきが無いうえ、乾きが早く、関節部分など、頻繁に動かす部位にもしっかりと塗布できます。

 

・ボルタレンEXローション・ゲル
有効成分の「ジクロフェナクナトリウムを1%(1g中10mg)」含み、さらにメントールが3%(1g中30mg)を含んでいるので、塗布後に清涼感があります。
※メントール配合のものは、医療用の「ボルタレン」ではありません。
メントールを配合していますので、塗布した心地がスッキリしたい時は、このEXがオススメです。

 

・ボルタレンEXスプレー
有効成分の「ジクロフェナクナトリウムを1%(1g中10mg)」含み、さらにメントールを3%(1g中30mg)含んでいます。
※スプレータイプは医療用ではなく、市販薬としての特別なタイプになります。
スプレータイプになりますので、手を汚さずに広い患部にすぐに噴射することができます。
外出中や活動などされている最中などにも適しています。

 

ボルタレンを最安値で通販するならココ

ボルタレン,通販,副作用,市販,効果

 

ボルタレンTOPはこちらから