ロキソニンとボルタレンの違いについて

ロキソニンとボルタレンの違いについて

同じ鎮痛剤として有名な「ロキソニン」と「ボルタレン」との比較を説明していきたいと思います。

 

同じ鎮痛剤の「ボルタレン」と「ロキソニン」の違いは?

まず、違いと言えば単純に、ボルタレンの方が効果は強い薬とされています。

 

しかしこれは、鎮痛作用がボルタレンの方が高いことから「強い薬」という認識になります。

 

また、ロキソニンと比べて、ボルタレンは「遅効性」になりますので、お薬の効果が現れるまでには時間がかかります。

 

反対に、ロキソニンはボルタレンと比べて「即効性」に優れていますので、すぐにその効果が現れますが、鎮痛作用がボルタレンに比べて劣ります。

 

ボルタレン

医療用(内服薬)は市販薬で買う事ができない医薬品になり、医師の処方箋が必要なお薬になります。

 

このように、ロキソニンに比べて、ボルタレンの方が効果が強力な薬であることがお分かりいただけます。

 

特徴としては、消化器科の副作用が比較的強く、胃などを荒らしてしまうため、空腹時には、その使用を避ける必要があります。

 

また、お薬の効果が効かない、決まった時間に服用を忘れたからと言って、処方された以上に多く服用することは絶対にしてはなりません。
妊娠中の方は服用してはいけません。

 

 

ボルタレン(医療用:内服薬)の主な内容

・規制区分:劇薬
・通常の使用量(成人):1日3~4錠(75~100mg)
・主な副作用:胃不快感・食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢・口内炎等

 

・ロキソニン
「ロキソニンS」などとして、ドラッグストアーなどで市販薬として販売されています。
ロキソニンは、ボルタレンより副作用が比較的、弱いとされていますが、副作用として胃の荒れやすいので、ボルタレン同様に空腹時は避けなくてはなりません。
また、病院やクリニックなどでは、胃薬が同時に処方されることもあります。
ボルタレンよりも副作用が弱いとされていても、処方より多く服用することは絶対に避けて下さい。
こちらもボルタレン同様に、妊娠中の方は禁忌となっていますので服用しないで下さい。

 

 

ロキソニン(医療用:内服薬)の主な内容

・規制区分:無し
・通常の使用量:1回1錠(60mg)1日3回など
・主な副作用:胃不快感・吐き気・食欲不振・眠気等

 

ここで気になるのが「2つの鎮痛剤を同時に飲んでも大丈夫なのか?」「薬の効果がないから増やしても平気?」といった質問ではないでしょうか?

 

基本、最後の服用後、6時間以上、時間を開ければ、一日の内にならば併用しても問題はないとされています。

 

例)朝にロキソニン1錠、昼にボルタレン1錠という場合になります。

 

しかし、通常、痛み止めは医師に処方されるお薬になりますので、医師または薬剤師の相談のうえ、処方をしましょう。

 

自己判断により、色々な薬を併用することは、身体に危険を及ぼすだけなので、絶対にしないで下さい。必ず専門の方に相談して、正しい服用方法を心がけるようにしましょう。

 

また、絶対にしてはいけない事は、この2つの鎮痛剤を同時に服用してしまう事です。

 

鎮痛剤の特徴として、副作用が多く出る強いお薬になりますので、2つを同時に服用してしまうと、体内の許容範囲をオーバーします。

 

さらに、量を増やしたからといって、症状がすぐに治るというわけではありません。通常よりも副作用が強く現れ、体調がより悪くなる場合があります。

 

もし、誤って服用してしまった場合は、直ちに医療機関へ連絡をして下さい。「お薬の効果がないので量を増やして飲んでも平気?」それは絶対にしてはなりません。場合によっては、その使用方法を間違えば、お薬は毒にもなります。

 

必ず医師や専門医の指示、または説明書の注意書きを守るようにして下さい。以上で、2つの鎮痛剤を同時に服用してはいけない事を説明しましたが、同じものだから平気、ということはありません。

 

鎮痛剤には種類がありますので、その痛みの種類や症状によって適切な鎮痛剤が違うことも理解しなくてはなりません。

 

お薬が効かない理由は、もしかしたらそこに他の原因がある場合がありますので、自己判断はしないようにしましょう。

 

 

・効き目が異なる2つの鎮痛剤、正しい処方を!
ロキソニン、ボルタレン、この2つの鎮痛剤の違いをご理解いただけましたか?

 

市販で販売されている鎮痛剤も色々な種類がありますが、慢性的な頭痛、生理痛に悩まされている方は、ロキソニンを愛用している人も多くいると思います。

 

そして、何度もお薬を使用している内に、そのお薬の効果が効かなくなってきている気がしてくるのです。

 

しかし、身体にはお薬を受け入れられる量に限界がありますので、自己判断で量を増やさずに、医師の診断を受けるようにして下さい。

 

ボルタレンを最安値で通販するならココ

ボルタレン,通販,副作用,市販,効果,ロキソニン

 

ボルタレンTOPはこちらから